田舎のケーキ』の秘密 その①

有機肥料だけで栽培したコシヒカリ玄米

田舎のケーキ』は、香取市の香取農園さんが栽培するコシヒカリ玄米を挽いた米粉で作ります。

 

香取農園さんは化学肥料は一切使わず、有機肥料だけで栽培しています

稲の成長を調整する植物ホルモンなども使用していません。

農薬も除草剤を一回使用するのみで、種籾の消毒もお湯に浸たす「温湯種子消毒」で行います。

害虫のカメムシも、農薬の空中散布は行わず、カメムシが好む唐辛子を畦道に植えることでその被害を防いでいます。

 

丹誠込めて育てられた米は収穫後、食味を保つために低温保存され、私たちの求めに応じて届けられます。

こめ工房 稲穂では、届けられた玄米を使う分だけ洗い、天日で干してから自家製粉。

挽きたての米粉を使うことで、滋味と風味豊かな田舎のケーキ』が出来上がるのです。